コンテンツにスキップ

言語

宮武裕先生マイコレクション展 広島を愛した物故画人たち

宮武裕先生マイコレクション展 広島を愛した物故画人たち

現在ガレリア・レイノ広島本店画廊内にて、僧侶で幼児教育にも携わりながら油絵画家で鉄の造形作家でもある多彩な顔を持つ、宮武裕先生が所持されている作品を展示しております。

長年にわたって愛蔵されてきた絵画を手放したいとのご意向があり、当店でコレクション展を開催することになりました。

出品作品は全て「ヒロシマ」を故郷とする物故作家たちになっております。

現在蘭島閣美術館で作品の展示を行っている、東京美術学校西洋洋画出身であり戦前日本洋画界巨匠の南薫造や、去年泉美術館で「広島を愛した反骨の画家浜崎左髪子」特別展を行った浜崎左髪子の作品も飾られております。

ヒロシマを故郷とする有名な画人の作品が、約20点ほど飾られていてとても見ごたえのある展覧会になっております。

3月1日まで展示しておりますので、是非お越しください。

出品作品一覧

大木茂 南薫造 浜崎左髪子 名柄正之 永瀬義郎 朝井清 金山泰晨  妹尾正雄 松永互郎 山中雪人 新田稲実 福井芳郎 空野八百蔵 木下和 新延輝雄 益田久範 他

前の記事 令和6年能登半島地震によるお荷物の発送への影響について